玄関・ポーチ仕上げ

玄関のフローリング貼りです。
前もって、玄関框(げんかんかまち)と付框(つけかまち)を取り付けます。
ちょっと前まで付框を付けずそのままタイルを貼る現場が多かったですが、
最近は付けない現場はほとんどみなくなりました。
これを付けると玄関の雰囲気が引き締まり高級な感じがします。

框は斜めにしました。框に向かって正面に玄関入口がないので、こういう感じにしました。




そして、壁に下地桟を打ちボードを貼りました。




全部貼り終えたら、その後玄関収納です。
これも、昔はつけることがほとんどなかったのですが、最近は扉とデザインをあわしたトータルコーディネイトをすることがあたりまえのようになり、逆に後から、持ってくる現場はほとんどなくなりました。




玄関に面した扉です。上がRになって、2つに別れたデザインはあんまりなかったのでこのデザインを選びました。(値段もかなりしましたが・・・)

最後にタイルを貼って完成です。

タイルは大きい方が貼り手間も高くなります。
今は100角玄関タイルはすくなくなりました。
ほとんどがこの300角サイズです。

次へ
もどる
トップページへ