屋根のコロニアルが痛んで部分的に剥がれたので屋根をやりかえると同時に外装も変えて外部丸ごと変えることになりました。
最初の現状です。

作業が決定してから日程にあわせて足場屋さんの段どり(発注)をしました。
その日にあわせて、サッシ、材木、屋根材、外装材なども前もって発注しておきました。


その後、屋根を解体して、垂木は問題ないので、既存コロニアルをはがして、
野地板の上にもう一枚合板を貼り付けました。その上にルーフィングを敷いて、コロニアルを貼っていきます。

コロニアルは最初に軒先水切りとケラバを取り付けておいてから貼っていきます。

軒先にスターターと呼ばれる部材を並べて後は、半分ずつずらして貼っていきます。





前面貼ると最後に棟包の部材を取り付けます。このケラバとの兼ね合い部分をしっかりとかぶせた施工をしないと雨漏りの原因となることがあります。



屋根張り替え工事完了です。




次へ
トップページへ