淡路島でリフォーム増築・新築など住まいや家に関することは大工よっしゃー君におまかせください。

ガーデニング・庭

画像の説明

ウッドデッキ造りました。
材料は檜1等材でしました。
コストをおさえて、杉、米松なども考えましたが、
やっぱり長い目でみて、水に強い檜材にしました。
SPF材や赤松は見た目、白く好きな人も多いとおもいますが、
やはり水分、湿気には格段に弱いです。
しっかりメンテナンス(最低でも1年に1度ぐらい再塗装)
する人なら、安価で扱い安のでいいと思いますが。
ラティス部分はホームセンターで買ってきて、
サイズを内寸に合わせて、カットし修正しました。

デッキ下のコンクリートはもったいないと思って、
束石をセメントで据え付けました。
でも、下はコンクリートにしたらよかったと思ってます。
(一回へびがはいって土のままだと居座られたことがありまして・・・捕まえるのが大変でした)

下掘り






アプローチです。
とりあえず、イメージどおり、形を掘ってみました。
その後、地面を固めて、セメントを敷きながらレンガをならべました。

アプローチ

いろいろ並べ方を考えてヘリンボーンにしました。
(並べ方は他にも馬踏み・通し目地などがあります)
アール形にしたので、レンガを切るのがすごく大変でした。
まず、縁を水平を見ながら並べて、
その後、中を並べて行きました。
慣れない仕事とほとんど中腰の姿勢で腰がいたくなりました・・・

画像の説明


次の立ち水栓です。これは、先に水道屋さんに給水と排水を引いてもらっておきました。
なんかいきなり、けっこうできてます・・・
まず、下の排水受けの周りのレンガを並べて、下の排水溝の高さに合わせて、セメントを打ちました。(排水口に水がいくよう口のところは低くしました)
そして、10cmブロックを積んで形をつくりました。
水栓口の穴と上のアール切りがめんどくさかった。


画像の説明

横のレンガを積んでいきます。
間にセメントを積めながら、一つ一つ高さを見ながらしました。
最後、アール部分はセメントが乾いてからのせたほうがいいですね。
続けてしたので、広がらないよう突っ張りしてます。

画像の説明

ブロック部分をセメントでちょうどいい厚みまで塗りました。
最後に仕上げが付くようくし引きしてます。

画像の説明

白セメントに色を混ぜて、卵色ぽくして塗りました。

探してきた蛇口を取り付けて完成です!

水栓完成


画像の説明

つづいて、最後のウッドデッキまでのアプローチです。
やり方は玄関までと一緒(腰が痛いだけ・・・)
ちょっとだけスピードアップ!!

何とか完成です。我ながらいい感じにできたと思います
画像の説明

top

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional