淡路島でリフォーム増築・新築など住まいや家に関することは大工よっしゃー君におまかせください。

ログハウス風倉庫屋根

ログハウス風倉庫屋根

屋根しまいの最初は垂木(たるき)打ちです。

画像の説明
画像の説明
画像の説明



60×45の垂木を使いました。南面と西面は敷地に余裕がないので軒先はなしにしました。
前の面だけは45cmほど出しました。
その都合上、南の桁が下がっていっているので東面は15cmほどの軒の出になりました。

破風1.JPG
破風2.JPG

垂木の長さをそろえて破風板を取り付けました。
何もデザインなしじゃ寂しいので筋を二本ほどつけて、緑色のペンキを塗りました。

野地板

そして野地板を打ち付けます。コロニアルの屋根なので合板です。


野地板

全面貼って、その上にアスファルトルーフィングを敷きます。

ルーフィング

この上にコロニアル(彩色スレート)を葺いていきます。


コロニアル役物

本体を葺く前に水切りやケラバなどの金物を取付ておきます。

コロニアル役物


東面屋根

貼りやすい西面で寄りや登りの割り付けをして反対の割り付けを決めて貼って行きました。


西面屋根




こっちの面は斜め切ばっかりです。

全面、本体を葺き終えて、最終に棟の傘(棟包)の金物を取り付けます。

棟包捨て板
棟包金物



これで雨が降っても大丈夫です。
ログハウス風倉庫扉&完成
もどる
top

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional